セルフメディケーションフォーラム

女性の魅力を引き出すカラダを動かす習慣づくり

第1部 基調講演

「あきらめず、目標にむかう意義」

自分の可能性をどんどん広げて夢や目標に近づこう!

 私は25年間、走ってきました。その中で、何よりも大事だったのはメンタルだと思います。

 45年前に生まれた時、実は両足とも股関節を脱臼していました。母がすぐに見つけてくれたので、治すことができました。でも、そのせいか怪我が絶えず、小学校3年生までは下を向いてばかりの内気な子だったんです。それを変えてくれたのは体育の先生でした。

 「短所だってお前の武器だろう。持ってるもんは全部武器だと思ってがんばってみい」
その言葉が私に前を向かせました。

 何でもいいから挑戦したいと思い、運動会の800m走に出場。結果、3年連続で校内優勝を果たしました。この出来事が私の人生の一番のきっかけとなりました。こんなきついことは誰もやらない。だからこそ、手を挙げればやらせてもらえたんです。トライして、がんばり続けて、自信をつけることにつながった。

 自分が死ぬまでの可能性を完全に知り得ている人はいません。人は変わって行くんです。ぜひそれを楽しみにする気持ちを持ってほしい。

 「絶対にこうなりたいんだ!」という強い意志と目標を持ち、人に伝えることで周囲は助けてくれます。チャンスの数はみんな平等にあるんです。絶対にあるんです。あとはつかむだけ!

 「こうでなければいけない」という考えを捨てて、あきらめずにがんばってください。

講師・有森裕子先生 講師・有森裕子先生

1966年岡山県生まれ。NPO「ハート・オブ・ゴールド」代表、「ライツ」取締役。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンで銀メダル、銅メダルを獲得後、2007年に引退。国際陸連女性委員会委員、国連人口基金親善大使、スペシャルオリンピックス日本理事長などを兼務し、陸上・マラソンの普及・指導活動を広く行う。

line

第2部 増子俊逸先生・実演

女性の魅力を引き出す10の方法 自宅ですっきりエクササイズ

美しい姿勢とメリハリのある体からは、内面の美しさも引き出されます。
フォーラムで実演されたストレッチの中から5つご紹介しますので、
こまめに行って素敵な心と体を手に入れましょう!

講師・増子 俊逸先生講師・増子 俊逸先生

1971年新潟県生まれ。フィットネスインストラクター、健康運動指導士。都内を中心にスポーツクラブや介護老人保健施設、デイサービスセンターなどで活動。また、出張パーソナルトレーニングで、機能回復のリハビリテーションやトレーニングサポートを行うほか、指導者向けの養成コースやセミナーを開催するなど、幅広く活躍中。

気付いた時がやる時。毎日10秒だけでも、体は変わります。

体の中で一番基礎代謝量の高い「太もも」をほぐそう!

  • 椅子に座った状態で片足を前に伸ばす
  • 伸ばした方の太ももを両手で持って、骨から肉を外すようなイメージでブルブルと揺らす
  • 太もも外側のズボンの縫い目に沿って手の平をあて、グルグル回しながら強めにほぐす

背中とウエストをすっきりさせる「背骨」をほぐそう!

  • 立った状態で首、肩の力を抜き、体をまっすぐ横に倒す
  • 倒しきったところでため息をつくと、さらに体が深く倒れる
  • 前傾しないように気をつけながらゆっくりと行うのがコツ

眠りが浅い方におすすめ 「肋骨の間」をほぐそう!

  • 背筋を伸ばして右手を上にあげる
  • 大きく息を吐きながらゆっくりと体を左に倒す
  • 反対側も同様に行う

知らない間に酷使している「お尻」をほぐそう!

  • 椅子に座った状態で、左足首を右膝に乗せる
  • 左足首にお腹を近づけるイメージで、息を吐きながら前屈する
  • 反対側も同様に行う

気付いたらいつでもやりたい「全身」をよーく伸ばそう!

  • 立った状態で、両手を上にあげてぐーっと伸ばし、左右に倒す
  • 膝を曲げながら前屈する。アゴをひいて体を丸めるイメージ
  • 両手を後手に組み、胸を張って顔を上げる
line
キレイに役立つ情報がいっぱい!