セルフメディケーションフォーラム

お口周りの印象を変えるビューティエイジング

第1部 基調講演 ビューティトレンドと口元の美しさ

第1部では、モデルでビューティジャーナリストのSAKURA先生に
ファッションのコレクションから読み取る口元のビューティトレンドと
ご自身で実践されているケア方法についてご紹介いただきました。

コレクションから見るトレンドメイクアップ

今季のビューティトレンドは、大きく分けて4つ。ゴシック風、アーティスティックインパクト、ハンサムナチュラル、レッドです。

 ゴシック風は、中世のゴシックやバロックを今秋冬風に表現しています。目の下にアイシャドウをぼかしていますが、実はこれ、黒ではなくブラウンやモーヴ系(パープル系)なんです。まつげぎりぎりにうっすらアイシャドウを入れると、女性らしく透明感が出てトレンド感を演出できます。2013年は淡いスモーキーカラーで目の下を囲うのがトレンド。特にカーキは日本人の肌に相性がいいですよ。

アーティスティックインパクトは、孔雀の羽のように多くの色を使っています。来年の幾何学模様の流行に合わせた派手なメイク。ハンサムナチュラルは、眉毛が直線的に濃いのが特徴で、口元がヌーディカラー。手間をかけたナチュラルメイクで、一番、取り入れやすいかもしれません。こういうメイクこそ口元のケアが大切になりますね。

自分に似合う赤が見つかる時代

 レッドは、真っ赤ではなくワインレッド。今は、一言で赤といっても色みや質感に幅があって、自分に似合う赤が見つかる時代。ピンク系からブラウン系まで色々あるので、いくつか持っているといいですね。

  赤い口紅を筆でつけるとしっかり色が乗りますが、赤すぎるのは今日の気分じゃないという時は、スティックを直接、唇全体に軽く触れるくらいの強さでぽんぽんと叩いて上下の唇をぱくぱくすると、ふんわりしてきれいにつけられます。赤い口紅デビューの時におすすめ。

 ここ数年はトレンドが多様化していましたが、2013年の春夏トレンドである程度は集約されて60?70年代が注目されます。ミニスカート、つけまつげ、太いアイライナーが流行った時代。口元は、ブリジットバルドーのようなヌード系ピンク。そして今日、私もつけているフューシャピンク。鮮やかな青みがかった大人のピンクです。

口元ケアもオーガニックに注目!

 口元ケア製品をクローズアップしてみると、知らないものがたくさん出ていて面白くなり、試してみるようになりました。仕事などでストレスがたまった時に、香りを楽しめるパーツケアはいいなと思ってます。バラの香りが広がる“歯の美容液”って、夢が広がりませんか? ポップコーンの香りの唇のスクラブや、はちみつ入りの唇パックも使っています。家でできるシート状の歯のマスクもあるんですよ。

 最近はオーガニック製品にも注目しています。口の中に入れるものなので、肌や体、環境に優しい植物性のものはいいですよね。唇ケアで定期的に取り入れているものは、アイケアにも使えるスティックです。目の下に使っていいということは顔全体に使える。いきなり出張になった時に一本持っていると便利です。

口の中の健康があってはじめて口紅が生きてくる

 私は1か月に1回は歯医者さんに通ってクリーニングしてもらっています。つるつるになるし、予防にもなりますよ。ビューティは健康ありき。口の中のケアをして、唇のケアをして、はじめて口紅がキレイに生きてきます。今年、パーツケアの新商品がたくさん出ているので、興味を持って見てみると面白いものに出会えるのではないかなと思います。

講師:SAKURA先生講師:SAKURA先生
モデル・ビューティジャーナリスト。国内・海外でファッションモデルとして活躍。現在はモデル・ビューティジャーナリストとして、新聞・イベント・講演・テレビ・ラジオなど、幅広いメディアにて、独自の視点で美の情報を発信。甲南女子大学の非常勤講師。
情報発信型オフィシャルサイト「Beauty SAKURA」

講師:SAKURA先生

講師:SAKURA先生

第2部 レッスン 見た目年齢を変えられるお口周りの美容メソッド

第2部では、口元を若々しく保つために、いますぐできる4つの美容法を
歯科医師の小川朗子先生にデモンストレーション形式で教えていただきました。

lesson1 歯肉マッサージ

  •  指の腹を歯ぐきにあてて力を抜いたまま、細かくらせんを描くようにマッサージしましょう。左右上下と、できれば裏側も行います。気持ちいい力加減を見つけてください。
  • ➋ ぐーっと気持ちいい範囲で頬の筋肉を持ちあげます。歯肉を引き上げるようにマッサージすると、頬のリフトアップ効果が期待できます。
  • ➌ 反対側も同様に行う
lesson1 歯肉マッサージ

lesson2 発声トレーニング

  •  首から背中をまっすぐにして腹筋に力をいれて姿勢を正してください。
  •  あ 大きく口を開けます。
  •  い 頬を持ち上げ斜め上にひっぱるイメージです。
  •  う 唇をつき出して力を入れます。
  •  え 口角に力を入れて斜め上にひっぱるイメージです。
  •  お 唇でだ円を作るイメージで力を入れます。

    【point】左右対称に筋肉が動いているか、最初は鏡を見ながら行うのがオススメ。
lesson2 発声トレーニング

lesson3 頬ふくらましトレーニング

  •  口の中に力を入れて、左右交互に5秒ずつ頬をふくらませます。4回行いましょう。
  •  鼻の下(上唇)だけをふくらませて、5秒キープ。
  •  唇を閉じ、内側から舌で頬から唇の周りを押すようにゆっくりと一周させます。 ほうれい線を伸ばすようなイメージで、左右交互に2回1セット行います。
lesson3 頬ふくらましトレーニング

lesson4 フェイスライントレーニング

  •  首の前側を伸ばすように上を向いて唇に力を入れます。
  •  そのまま口を動かし、「い」の形と「う」の形を5秒ずつ、2セット行います。
  •  鎖骨に手を置いて首の筋肉が引っ張られているのを感じながら行いましょう。
lesson4 フェイスライントレーニング
講師:小川朗子先生
講師:小川朗子先生

アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿 院長・歯科医師・抗加齢医学会認定専門医。アンチエイジング(抗加齢)医学の概念に基づいた歯科・審美歯科・予防歯科などを行うとともに、口もとのアンチエイジングとして、表情筋、口輪筋などのフェイシャルエクササイズなども行っている。またオーラルエイジングチェックという口腔内の老化度を測定する検査も実施している。

講師:小川朗子先生
女性の“キレイ”に役立つ情報がぎっしり

今回も、寒い中たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。お楽しみいただけましたか? 和やかな雰囲気の中、第1部では口元のビューティトレンドを学び、第2部では口元の美容法を実際に行っていただきました。休憩時間には、口中をきれいにして、歯を蓄積くすみから守る“歯の美容液”プラチアスのお試し会も。豪華な景品が当たるお楽しみ抽選会も大いに盛り上がりました。次回もお楽しみに!

プラチナス お試しブースお土産