美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

NEW

デリケートゾーンのかゆみを軽減するには?

女性の7割近くが悩んでいるといわれているデリケートゾーンのかゆみ。生理前はホルモンの影響で膣内のPHバランスが崩れて特にかゆみがおきやすくなっているそうです。かゆみを軽減させるには、秋冬でも通気性の良い素材の下着を身に着けたり、おりものシートは2~3時間おきに付け替えたりすること。肌に優しいデリケートゾーン専用ソープを使うのもおすすめです。

NEW

今どき眉の黄金比率とは?

顔の印象を決める最重要パーツといわれている眉。現在は、以前より「短め」さらに「太く」がトレンドです。口角と目尻を結んだ延長線上がベストな眉尻の位置なのだとか。アイラインで目尻が長めの方は眉の長さもそれに合わせましょう。まぶたと眉尻の上辺が平行になると、新鮮で自然な仕上がりになります。あまり角度をつけると古臭くなってしまうので注意しましょう。

NEW

30秒でできる体操で口元をスッキリ

仕事中、無意識のうちに奥歯を噛みしめていませんか? パソコンに長時間向きあっているとしらずしらずのうちに奥歯に力が入って、顔が凝ってしまうことがあります。そんな時には、口を「イー」と「ウー」のかたちに思いきり動かしてみましょう。30秒~1分行うだけでも血流が良くなり顔が温かくなるのを感じられます。顔のたるみにも効果的ですよ。

週に一度は「クレンジングしない日」を

日焼け止めに下地にファンデ、どれも日々のメイクには欠かせないけれど、お肌に負担をかけてる?と不安になることもありますよね。実際に不調を招くのは、メイクよりもクレンジングで「落としすぎる」ことなのだとか。最近お肌の調子がイマイチだと感じている方は、週に一度は石鹸で落とせるタイプの日焼け止めやお粉を使って「クレンジングをしない日」を作ってみませんか? 

唇の色がくすんで発色が悪いときのひと工夫

もともと唇の色が薄い方、くすんでいて上手く発色しない方は、オレンジ系のリップを下地に取り入れてみましょう。オレンジ系は唇のくすみを補正するので、ピンクやベージュなど淡い色を使いたい場合は下地として塗ると◎。ボルドーやブラウンを使いたい場合は、全体ではなく輪郭だけをオレンジで補正すると、唇がくっきりとキレイに浮き立ちます。