美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

「キメが細かい」ってどういうこと?

「キメが細かい」というのは、美しい肌の条件の一つ。皮膚を顕微鏡などで観察すると、表面は網目のようになっていることがわかります。網目の糸の部分に当たるのが「皮丘」、その間に溝のように走っているのが「皮溝」です。これらが均一に整っており、凸凹が目立たない肌が「キメが細かい」ということになります。

SPFは足し算できる?

たとえばSPF20の化粧下地を使って、その上にSPF30のファンデーションを塗った場合、SPF50の効果が得られるのでしょうか?答えは残念ながらノーです。ただし、重ねづけすることで効果が高くなることが期待できるのだとか。とはいえあまり重ねづけすると、透明感が損なわれてしまうのでそこは注意してくださいね。

時間がなくても“透明感のある肌”に!

ベースメイクに時間をかけられないときは、アイメイクで“擬似”透明感をプラス。明るいブルー系のアイシャドウを、まぶたの中心からアイホール全体にぼかすように入れてみて。チップではなくブラシを使って、さりげないくらい薄くつけるのがポイント。目元に透き通るような明るさが加わることで、お肌全体が若々しく輝いて見えますよ。

「五味」で体調の変化を知る

「五味」とは「酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩辛い」という五つの味のこと。内臓と密接な関係があるといわれており、たとえば酸味のあるものを食べたいときは肝臓が、甘いものが欲しいなら脾臓が弱っているサインなのだとか。突然甘いものが好きになったなど、劇的な味覚の変化の裏には、体調の変化も隠れているのかもしれません。

水から茹でる野菜、お湯から茹でる野菜

野菜を茹でるときは「根菜は水から、葉物はお湯から」と覚えておきましょう。ジャガイモやニンジンといった根菜は、硬いので水からじっくり熱を加える必要があります。反対に、ほうれん草やブロッコリーなどは、水から茹でるとしゃきしゃきした食感が損なわれてしまうもの。それぞれに適したタイミング、覚えておきましょう。