美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

肌を美しくしてくれるホルモン

肌が最も美しいのは、女性の場合排卵前後だといわれています。というのもこの時期は、肌にハリとツヤを与える女性ホルモン・エストロゲンの分泌が盛んになるから。このエストロゲンと似た効果を持つのが、大豆などに含まれるイソフラボンです。ただし摂りすぎにはリスクも伴うとされているので、普段の食事でバランスよく摂取したいですね。

室内干しのにおいを防ぐ

室内に洗濯物を干すと、においが気になりがち。洗濯物が生乾きのときは菌が繁殖しやすく、これがにおいの原因となります。菌を繁殖させないためには、まず汚れをしっかり落とすこと。汚れた衣類はすぐ洗うようにしましょう。また干すときも、扇風機などを利用してなるべく早く乾く工夫をすると、菌の繁殖とにおいの発生を防げます。

いい汗、悪い汗

結論から先に言うと、サラッとしているのが「いい汗」、ベタベタしているのが「悪い汗」。いい汗は主に水分ですが、悪い汗にはミネラルなども含まれており、発汗しすぎると体調に影響が出ることも。悪い汗をかくのは、ふだんあまり汗をかかない人だといわれています。ぬるめのお風呂にゆっくり入るなどして、汗をかく習慣をつけましょう。

一番風呂より二番風呂!

「お年寄りには一番風呂はよくない」という話を聞いたことがありませんか?沸かしたてのお風呂=一番風呂には不純物が含まれていないので、ピリピリした刺激を感じることも。その点誰かが入った後のお風呂は、お湯がやわらかくなって肌にやさしいんです。肌がデリケートな人は、一番風呂より二番風呂がおすすめです。

つらい肩こり、なぜ起こる?

およそ10kgの両腕を支える肩には、常に負担がかかっています。そのため疲労物質がたまりやすく、冷えから来る血行不良がさらに追い討ちをかけ、肩こりになってしまうんです。デスクワークが多い人は長時間同じ姿勢でいることも多いと思いますが、ときどき休憩を入れるなどしてこりをほぐしてあげましょう。