美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

手は意外と見られている!? すぐにできるハンドケア

握手をしたり手を振ったり、手は意外と他人の視線を集めます。手先がその人の印象の決め手になることもあるので、顔のスキンケアと同じくらいしっかりお手入れをしましょう。ケアの前は、手とハンドクリームをしっかり温めましょう。温めてから塗るだけで、お肌への浸透力もぐっとアップ。これから紫外線も強くなるので、UVカット入りのハンドクリームをこまめに塗り直しましょう。

PM2.5からお肌を守りましょう

大気中に浮遊している、肉眼では見ることのできない微粒子「PM2.5」。日常生活で避けることはなかなか難しいですが、アレルギー症状を引き起こす可能性もあるようです。マスクをするようにして、肌が弱い人は長袖を着たり、ストールなどで首元を覆ったりするなど、肌に粒子が触れない工夫をしましょう。PM2.5の多い日はなるべく外出を避けて、お肌の保湿をするのもいいですね。

オレンジ色はシーンを問わず使える万能リップ♪

いつもと同じメイクじゃつまらない、気分を変えたい! という時にイチオシなのがオレンジ色のリップ。肌になじみやすいフレッシュなオレンジ色は、簡単に顔の印象を春っぽく変えられ、オンオフ問わずに使えます。昨年から注目されているヘルシーな雰囲気も演出できて◎。生き生きとした魅力が引き出せて好感度がアップしちゃうかも!! お気に入りの1本を探してみませんか?

お部屋に花粉を持ち込まないための衣類ケア

花粉シーズンであっても洗濯物は外に干したいですよね。花粉の付着を防ぐ干し方には3つポイントがあります。1つは、夜や午前中などの飛散量の少ない時間帯に干すこと。夜でも風が強い日は避けるようにしましょう。2つめは、外に干す時間を短くするために乾いたらすぐに取り込むこと。3つめは、取り込む際に軽く花粉を払うこと。3つを抑えることで室内への花粉の侵入を防げます。

鼻をかみすぎてヒリヒリしてしまった時の対処法

鼻をかむ回数が増えると、鼻の下の皮がむけてヒリヒリと痛くなりますよね。そんな時は価格が高くても柔らかいティッシュペーパーをなるべく使用し、ワセリンやバームなどで鼻の下を保湿しましょう。こまめに塗ることで悪化が防げます。鼻をかむ回数を減らしたい人は、花粉が飛ぶ季節は、鼻の入り口や中に軟膏を塗って花粉の付着を予防する、塗るタイプのマスクを利用するのもいいですよ。