美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

パーツや用途別で日焼け止めを使い分けましょう

絶対に日焼けはいや!という方は、パーツや用途別に日焼け止めの種類をそろえておくと安心です。肌の免疫機能を守ってくれるボディ用、保湿と紫外線防御が両立するフェイス用、外出先で手軽に塗り直しができる便利なスティックタイプ、髪にも使えるスプレータイプなど、体のパーツやシーンに合わせて複数使いしていると、より日焼けを防ぐことができますよ。

スタイルが長持ちするヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンを使えば、スタイリングのもっと持ちがよくなります。タイトにまとめたい時は、サイドの耳上と耳下の髪をブロッキングして、下の束からストレートアイロンをあてると◎。当てるときは180度で3秒を目安に。流行りの外ハネにしたい時は、同様にブロッキングをして、幅2cmずつ毛束をとって毛先を巻きましょう。事前にオイルやバームで保湿しておくとダメージ予防につながりますよ。

トレンドのパープルコスメで透明感アップ

いかにもメイクしましたという感じがするので苦手という方にこそ試してもらいたいのが、パープルのメイクアイテム。パープルとひと言でいっても色味はさまざま、特に今季はほんのり感じる程度の淡いパープルが人気です。繊細なパールの入ったアイシャドウを軽くまぶたにのせると品のある目元になりますし、チークとして頬にのせると頬の赤みを消して透明感がアップします。

むくみがちな足を専用アイテムでマッサージ

運動不足で体がむくみがちな時は、とくにむくみの出やすいふくらはぎをマッサージしましょう。軽く膝をまげて両手の親指以外の指でひざ裏を軽くほぐし、足首からなであげます。さらに親指ですねの骨の両側をプッシュ。最後に再度、足首からひざ裏までゆっくりとさすってリンパ節をほぐします。ふくらはぎ専用のマッサージマスクなら集中してケアできますし、引き締まった美脚に近づけますよ。

明暗二本のコンシーラーのみで肌を整える

ファンデーションを遣わずに。明暗2本のコンシーラーのみで肌を整えられるってご存知でしたか?まずは暗い色をおでこ、顔の側面にのせて、外側にむかって伸ばします。手に残ったコンシーラーを首元の方まで伸ばすと自然な仕上がりに。さらに明るい色を顔の高い位置(鼻、頬、顎)にのせて指で叩き込みましょう。ファンデーションを塗るよりも肌になじんですっぴんのように仕上がるそうです。