美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

衣替えとクリーニングに出すタイミング

気温が15度を超えると害虫が活発化してくるので、衣替えは4月までに済ませるようにしましょう。なるべくカラッと晴れた日に行うと、カビの原因となる湿気の取り込みを防ぐことができます。衣類は気温の上昇とともに汚れがとれにくくなり、黄ばみの原因にもなります。厚手のコートやニットなどボリュームのあるものから少しでも早くクリーニングに出すことを心がけましょう。

救急箱にあると便利な常備薬

市販の風邪薬や冷却シートは、突然の咳や熱に対応できるので常備しておくと便利です。また、生理痛や頭痛、二日酔いがひどい人など、ご自身の体質に合わせた鎮痛剤や、さらに胃腸薬、靴擦れ防止の絆創膏、痒み止めなども持っていると安心。いざという時にあると助かるものなので、春から一人暮らしをする方はもちろん、すでに救急箱をお持ちの方も中身を見直してみてはいかがでしょうか。

自分に似合う色を知るヒントは「クマ」の色

自分に似合うコンシーラーの色を知っていますか? カンタンに見つけるコツは、クマの色。血行不良の青いクマが気になる方はオレンジやピンクのコンシーラーを、茶色いクマが気になる方はイエローのコンシーラーを使いましょう。コンシーラーにもリキッド、スティック、パウダーなどいろいろなタイプがあるので、自分の肌質に合うものを選んでメイクをもっと楽しみましょう。

透明感と立体感UPのメイクのコツ

透明感&立体感をメイクで演出するには、まずスキンケアを丁寧に行うことが大切です。肌がひんやりするまでコットンでパッティングすると肌が引き締まり、骨格がすっきりとします。ファンデーションを塗る際はリキッドタイプを選び、厚塗りを避けて薄く広げること。すべすべした透明感のある肌に見えるほか、自然なツヤが出て骨格が美しく引き立つような立体感を演出できますよ。

今から使いたい! ゆらぎ肌におすすめの日焼け止め

女性の7割が敏感肌に悩んでいるというデータがあります。そんな方でも安心してお使いいただける日焼け止めが、夏に向けて続々と登場しています。強力な紫外線から肌を守る高いUVカット機能と、肌にやさしいノンケミカル処方が両立したものなら、スキンケア感覚で安心して使えますよね。ジェルやクリームなど、種類豊富なラインナップの中から自分に合うものを探してみませんか?