美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

唇の色がくすんで発色が悪いときのひと工夫

もともと唇の色が薄い方、くすんでいて上手く発色しない方は、オレンジ系のリップを下地に取り入れてみましょう。オレンジ系は唇のくすみを補正するので、ピンクやベージュなど淡い色を使いたい場合は下地として塗ると◎。ボルドーやブラウンを使いたい場合は、全体ではなく輪郭だけをオレンジで補正すると、唇がくっきりとキレイに浮き立ちます。

保湿力をアップさせる小さなテクニック

保湿力をアップさせるには、化粧水を手の温度になじませてから指の腹を使いやさしくお肌に浸透させましょう。乳液やクリームを塗る際も、指の腹や手のひらなどの「面」を使い、こすらずに内から外へとリンパの流れに沿って行います。お肌をいたわるようにやさしく均等な力でなじませると、むっちりとした肌になれますよ。化粧水をぱしゃぱしゃ使いたい方にはコットンがおすすめです。

スマホやPCの見すぎが首を短くする?

ストレスを溜めたりスマホやPCの見すぎなどで肩に力の入った状態が続くと、肩から首の付け根の部分の筋肉が発達してしまい、首が短く太く見えてしまうのだとか。首を美しく見せるには、日々のケアが肝心です。スキンケアをした後は、手に残ったものをそのまま首筋~デコルテへなでおろすようになじませましょう。硬くなった筋肉はその日のうちにマッサージするのが効果的です。

お風呂上がりはスプレー+オイルで速攻ケア

浴室から出て湿度が低い場所へ移ると、肌環境が変化するため急激に水分が失われ、入浴前より肌が乾燥する可能性があるそうです。乾燥からお肌を守るためには、浴室を出て軽く体を拭いてからの水スプレー+オイルケアが有効。スプレーすることで瞬時に水分補給をし、すぐにオイルで蓋をすることで乾燥を防ぎます。赤ちゃんにも使えるほど優しい成分のものもたくさんありますよ。

カジュアルOKな日はネイビーアイシャドウ

ファッションと同じように、目元のメイクもオンオフを使い分けて楽しみましょう。カジュアルOKの日にはネイビーのアイシャドウで遊びを取り入れるのがおすすめです。かっちりキレイ目にいれるとかえって野暮ったくなってしまうので、目尻を跳ね上げた太めのアイラインに合わせていつもより気持ちはみ出させると◎。目元にラフなおしゃれ感を演出できますよ。