美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi VOL.6

美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi

Theme

第6回テーマ

セルフでできる♡2018年秋冬
おすすめのニュアンスネイル

第6回を迎えた「美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi」。

セルフネイルをしていると、同じようなデザインになってしまい、マンネリ化することありませんか?
そんな方におすすめなのが2018年のトレンド「ニュアンスネイル」。サロンネイルのようなデザインも、実はセルフで簡単にできちゃうんです!
早速、今日から簡単にできるネイルデザイン&テクニックをご紹介します♪

講師/おじみ
セルフネイラー
Instagramを中心に、自身で施術したネイルを発信しているセルフネイラー。プチプラブランドを用いた個性的なデザインは、幅広いフォロワーから支持されている。今回初めて「ニュアンスセルフネイル」をテーマにセミナーへ登壇。今回のデザイン行程動画もアップされているインスタグラムも必見です。
ojimi_nail
講師/おじみ

Menu

  • Tips1
  • Tips2
  • More Tips

Tips1

秋ピンク×ベージュ ニュアンスネイル

秋ピンク×ベージュ ニュアンスネイル

使用アイテム

Step1:ラメ付きピンク(中指・薬指)

ベースカラーはベージュ(pa A142)をセレクト。
多めのポリッシュをハケに取り、ベタ塗りします。後でぼかしていくのでキレイに塗れなくても一度塗りがベスト!

薄いぼかしカラーはピンク(キャンメイク N05)をセレクト。

薄いぼかしカラーはピンク(キャンメイク N05)をセレクト。
ベースカラーが乾いたらトップコート(エテュセ ジェルトップコート)を塗り、すぐにポリッシュを三箇所ほどに垂らします。
トップコートのハケで撫でるように伸ばして、ぼかし具合を調整してください。

濃いぼかしカラーはローズ系のレッド(ネイルホリック RO604)をセレクト。

濃いぼかしカラーはローズ系のレッド(ネイルホリック RO604)をセレクト。
ぼかしカラーの外側にのせて奥行を出します。濃いカラーは上から重ねるので、透け感のあるクリア系を選ぶと◎

Point:ぼかし工程はとにかく時間勝負!手早く作業する為に、使用するポリッシュのフタは開けておきましょう。

ぼかし部分が乾いたら、ラメ(pa AA224)をポンポンとのせます。

ぼかし部分が乾いたら、ラメ(pa AA224)をポンポンとのせます。この時、全体にラメを散りばめるのではなく、中央のみにラメをのせた方が可愛く仕上がります!

ラメはこちらもオススメ!

Step2:ピンクグラデーション(親指・小指)

ぼかしカラー(キャンメイク N05)をベタ塗りしてベースをつくります。

ベースカラーが乾いたらトップコートを塗ります。

ベースカラーが乾いたらトップコートを塗ります。
その後、すぐにレッド(ネイルホリック RO604)を根元側だけに塗り、上半分をトップコートのハケを寝かせて、爪先に向かって引き伸ばすようにグラデーションにします。
ハケで伸ばす時に、思い切りよく“サッ”と手を動かすと花びらのようなキレイなグラデーションができますよ♪

Step3:ベージュラメ(人差し指)

ベージュ(pa A142)をベースカラーで塗り、乾いたらラメ(pa AA224)を重ねて塗るだけ!
ベージュにゴールドのラメを合わせるだけで、簡単なのに上品さが出るのでオススメで す。

これで、5本全てのデザインが完成!

これで、5本全てのデザインが完成!

ポイント

・他のカラーでつくる時も同系色で揃えるとGOOD!
・カラーを同系色で揃えるとよりニュアンスネイルに。個性的なデザインが好きな方はメリハリをつけたカラーを選ぶと◎

Tips2

くすみピンク系ニュアンスネイル

くすみピンク系ニュアンスネイル

使用アイテム

Step1:ベースカラー

ベースカラーはモーブピンク(ネイルホリック PU112)をセレクト。 ここでも、薄づきではなく、しっかりと一度で塗りきります。

Point:ベースカラーは真っ白よりも薄く色が入っているポリッシュを使用すると、シール馴染みがいいのでオススメ!

Step2:塗りかけデザイン

塗りかけデザインのカラーは明るめのピンク(デュカート N28)をセレクト。
ハケを瓶のフチでしごき、ポリッシュが薄づきの状態で“サッ”と軽く撫でるように塗ります。爪の上下、1~2 ヶ所にデザインを入れると、後で貼るネイルシールとのバランスが良くなります!

Step3:ラメ

塗りかけデザイン部分に、少し重なるようにラメ(pa AA224)を軽く塗ります。
ラメがあることで、シールを貼った時の境目を目立ちにくくしてくれます◎

Step4:トップコート~ネイルシール

Step3 の後に、トップコート(エテュセ ジェルトップコート)塗ることで表面が滑らかになり、シールの浮きを抑えられて、よりキレイに仕上がります。

トップコートが乾いたら、ネイルシール(pa ネイルアートスティッカー 塗りかけネイル)を貼ります。

トップコートが乾いたら、ネイルシール(pa ネイルアートスティッカー 塗りかけネイル)を貼ります。
シールを貼る前に、ネイルとのバランスを見て事前に位置を決めておくと◎

最後にトップコートで仕上げて・・・あっという間に「くすみピンク系ニュアンスネイル」が完成!

最後にトップコートで仕上げて・・・あっという間に「くすみピンク系ニュアンスネイル」が完成!

ポイント

・デザインがシンメトリーにならないよう、シール・塗りかけの位置を調整しましょう。
・ネイルシールだけで仕上げると“セルフネイル感”が強いので、塗りかけデザインやラメでバランスを取るのがオススメ。
・ネイルシールが浮かないように、トップコートを仕上げに複数回塗りましょう。

More Tips

みんなが気になるセルフネイルの疑問に、おじみさんからアドバイス!

みんなが気になるセルフネイルの疑問に、おじみさんからアドバイス!

ネイルを長持ちさせるには?

爪の油分をしっかり取ってからポリッシュを塗ると長持ちします。また、毎日ネイルオイルを塗る・ネイルオフ日を設けるなど、ケアをしましょう!

ネイルオフする時のコツは?

スポンジにリムーバーをしみ込ませた「リムーバーポット」を使ってしっかり落とすのがオススメ。爪の弱い方はアセトンフリーのリムーバーを使うと、爪に刺激が少ないです。
また、ネイルをする前は必ずベースコートを塗って爪への色素沈着を防ぐのも大事!

トップコートで気泡が入るのが気になる・・・

体温が高い状態で塗ると気泡が入りやすいので、お風呂上りなどのタイミングは避けるのが◎
どうしても気泡が気になる人は、気泡が入りにくいサラッとしたタイプのトップコートを使うのもアリ。

How was it?

今回は、セルフで簡単にできる“2018 年秋冬おすすめのニュアンスネイル”のテクニックを紹介しました。

今回は、セルフで簡単にできる“2018 年秋冬おすすめのニュアンスネイル”のテクニックを紹介しました。

カラーやシールを変えるだけで、様々なジャンルのデザインに応用が利くものばかり。
また、ちょっとしたひと手間をかけることでサロンネイルのようなプロ並の仕上がりに♡

塗り方を失敗してしまっても、「ニュアンスネイル」ならデザインの一部になるので、セル フネイルが苦手な方も、是非チャレンジしてみてくださいね♪

次回の応募はこちら

BeautyU 公式アカウント

このページをみんなに共有しよう!