美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi VOL.10

美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi

Theme

第10回テーマ

プロのテクで崩れ知らず!
きちんと見えするオフィスヘアアレンジ

第10回を迎えた「美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi」。
今回は、新生活や新年度に合わせて、ヘアアレンジをキープするテクニックをレクチャー!

普段からよく使うスタイリングアイテムの、目からウロコなテクニックや豆知識が満載です。最後には紹介したテクニックで作る大人かわいいヘアアレンジをご紹介。

ちょっとしたテクニックと正しい使用方法を知れば、明日からワンランク上のアレンジヘアが叶いますよ♡

講師/HIRO
Amoute 店長・ディレクター
恵比寿の人気美容室Amouteの店長及びアートディレクター。その技術と提案力からほとんどが「お任せオーダー」と顧客からの圧倒的信頼を得ている。また、サロンワークの他に、各種SNSやLINEブログ・C channelなどでの積極的な発信で注目を集めている美容師。
hairstylisthiro
講師/HIRO
モデル/寒澤 貴子
女性ファッション誌や人気サロンのモデルとして活躍中。
kiko_1007
モデル/寒澤 貴子

Menu

  • Tips1 スタイリング剤
  • Tips2 ヘアアイテム
  • Tips3 ピン留めテク
  • Tips4 おくれ毛の作り方
  • Tips5 ロープ編みポニー
  • Tips6 アフター5シニヨン
  • More Tips ヘアアレンジQ&A

Tips1

イメージ・用途で使い分け!
スタイリング剤解説

皆さんは、ヘアアレンジの時にどんなスタイリング剤を使っていますか?
今回は、よく使われる代表的なスタイリング剤をおすすめアイテム&使い方と共に解説しちゃいます!

ヘアクリーム

ベタつかないものをセレクトすると、髪に付けた後にすぐアイロンで巻くことができます!時間が経っても重くならないので、しなやかなまとまり感を長時間キープしてくれますよ。

ヘアクリーム

スプレー

ヒートプロテクトタイプのスプレーは熱から髪を保護してくれるので、コテやアイロンの使用頻度が高い人にオススメ。使う時は、髪から離して左右に振ってスプレーしましょう。

Point:髪の根元にスプレーするのはNG!髪が重くなりスタイルが崩れる原因に。傷みやすい毛先だけにスプレーを。

スプレー

ヒートプロテクトアイテムはこちらもオススメ!

オイル

傷みや乾燥が気になるとオイルを使うという人は多いですね。オイルを付ける時は、毛先やハネが気になる部分など、乾燥しやすいところから付けていきましょう。

オイル

フォーム

ヘアアレンジ専用フォームは「リーゼ まとめ髪アレンジつくれるフォーム」がオススメです。
フォームタイプは付ける時の量感調整がとっても大事。軽いテクスチャーなので、つい付けすぎてしまわないように注意!ヘアアレンジ前になじませれば、おくれ毛や浮き毛もキレイにまとまり、ほぐした時も狙った感じが出しやすいのが嬉しいポイント◎

フォーム

Tips2

ヘアアレンジアイテムの正しい使い方

デタングリングブラシ

ヘアアレンジをする前は、髪の絡まりをほぐしておくのが重要です。しっかりブラッシングをすることで切れ毛・抜け毛も落ち、ヘアアレンジしやすい土台が作れます。

デタングリングブラシ

ヘアピン・ヘアゴム

ヘアピンやヘアゴムは基本的に使い捨てのアイテム。一度使用すると強度が弱くなり、髪を結んでもすぐ緩んだり、きちんと髪が留まらないなど、スタイル崩れの原因に。
また、ヘアピンの錆びは髪の傷みの原因にもなってしまうので、繰り返しの使用は絶対NG!

ヘアピン・ヘアゴム

ヘアアイロン

ヘアアイロンは常に清潔に保てるよう、数日に一度は濡れタオルなどでプレートを拭いてあげてください。整髪料などが付いたままのプレートは熱伝導が弱まり、カールが付きづらくなる原因に。

Tips3

プロ直伝!崩れ知らずなピン留めテク

アメピンを使用した時、だんだん髪が浮いきてせっかくのスタイルが崩れてしまうことはありませんか?ここでは、そんな悩みを解消する“簡単なのに崩れない”ピン留めのテクニックをご紹介します!

一般的に皆さんがピン留めをするのは、こういった「平打ち」と呼ばれる留め方。

一般的に皆さんがピン留めをするのは、こういった「平打ち」と呼ばれる留め方。
髪に対して垂直にピンが入っている状態になります。

今回紹介するプロのテクニックでは、毛束の方向に対して平行にピンを入れて留めます。

一方、今回紹介するプロのテクニックでは、毛束の方向に対して平行にピンを入れて留めます。

前から後ろに持って行った毛束に対して前方に向かってピンを髪に絡めるように少しずつ刺し、最後にピンをグッと押し込むと同時に毛束を引っ張ると、1本でしっかり留まりスタイル崩れを防げます。

前から後ろに持って行った毛束に対して前方に向かってピンを髪に絡めるように少しずつ刺し、最後にピンをグッと押し込むと同時に毛束を引っ張ると、1本でしっかり留まりスタイル崩れを防げます。

Tips4

自然なゆるかわ♡おくれ毛の作り方

おくれ毛は、毛束を出しすぎるとわざとらしく不自然になってしまいます。あくまでも“自然に”落ちたようなイメージで作ると可愛く見えますよ♡

前髪がある場合

前髪がある場合

作るポイントは、もみあげ・襟足の2ヶ所。それぞれのポイントで、写真のように一束あたりの密度を抑えて細く毛束をとりましょう。

Point:襟足の後れ毛を出しすぎると、だらしなく見えるので注意!

前髪がない場合

前髪がない場合

作るポイントは、顔周り(ヘムライン)・耳後ろの2ヶ所。前髪がない場合、もみあげにおくれ毛を作るとわざとらしくなってしまうのでオススメしません。
顔周りと耳後ろに、量感は前髪がある場合と同様に細く毛束をとりましょう。

Tips5

周りと差が付く!ロープ編みポニーテール

Step1:下準備

髪は事前に26mmのアイロンでねじり巻きしておきます。

Step2:後頭部のほぐしをつくる

髪を左右両サイド・後ろの3つに分け、1つにまとめた後ろ髪を手に持った段階である程度ほぐしを作ってから、ゴムで結びポニーテールを作ります。

Point:結ぶ前にほぐしておくと、仕上げでほぐす時もやりやすくキレイに仕上がります。

Step3:ねじり結び

サイドの髪をねじり結びしますが、両サイド均等に、そしてキレイにねじるのが苦手という方も多いですよね。そこで、サイドの髪を後ろで結び、くるりんぱを2回すればあっという間にキレイで均等なねじり編みが出来ますよ♪
今回のアレンジでは、ポニーテールの上でねじり編みを作りましょう。

Step4:ゴム隠し

ゴム隠しは、髪を1束とりヘアゴムの上に巻き付けてピンで留めますが、このピン留めが意外と難しいもの。なので、巻き付けた毛束の先を中に入れ込みヘアゴムに挟むだけでOK!
ヘアゴムもキレイに隠れ、ピン浮きの心配もありません。

Point:崩れが不安な時は、ゴム隠し部分にキープスプレーをかければ安心♪

オフィス向けロープ編みポニーテールの完成です♡

これで、オフィス向けロープ編みポニーテールの完成です♡
華やかさが欲しい時はゴム隠しをアクセサリーが付いたヘアゴムに変えても可愛いですよ。

Point:ねじり編みをポニーテールの下に作ると大人っぽさが出るので、その日の気分に合わせても◎

Tips6

5分で出来ちゃう!アフター5シニヨン

Step1:シニヨンを作る

首の付け根部分で髪を1つに結び、毛束を2つに分け、それぞれねじりながらゴムに巻き付けます。ここでもピンは使わず、毛先はゴムに入れ込んでしまいましょう。

Point:ゴムで結ぶ前に後頭部のほぐしを作っておくのを忘れずに!

Step2:ポイントをほぐす

シニヨンが出来たら、耳後ろのたわんだ部分をほぐして“たるみ”を作ってあげます。
すると、オフィス感が無くなりルーズなアレンジに♪

あっという間に、アフター5にオススメなゆるっとシニヨンの完成♡

アフター5にオススメなゆるっとシニヨンの完成♡

More Tips

みんなが気になるヘアアレンジのお悩みに、HIROさんが答えます!

みんなが気になるアイブロウの疑問に、大木さんが答えます!

アフター5向けアレンジでシニヨンの位置が下なのはどうして?

シニヨン位置を下にすると、ルーズでOFFな雰囲気になるからです。
オフィス向けにきっちりと仕上げたい時は上に、仕事帰りや休日などプライベートな時間は下に、と結ぶ位置をON・OFFで切り替えると見えた方はもちろん、気分も切り替わりますよ。

おくれ毛を出すとアホ毛が出てしまうのが悩み・・・防ぐ方法はありますか?

スタイリングクリームをコームに出し、気になるところをなぞってあげると、静電気や乾燥を防ぎアホ毛が出づらくなります!

ほぐしのコツがあれば知りたい!

ほぐす髪は上に引っ張るのではなく、後ろに引っ張るように引き出してください。また、その時指先にクリームをつけておくとなお◎

ボブヘアでのおすすめヘアアレンジが知りたい!

ハーフアップでサイドの髪を後ろで結び、下ろした髪を外ハネにするのがオススメ。外ハネは首を長くキレイに見せる効果がありますよ♪

How was it?

今回は、「プロのテクで崩れ知らず!きちんと見えするオフィスヘアアレンジ」をレクチャーしましたが、いかがでしたでしょうか?

今回は、「プロのテクで崩れ知らず!きちんと見えするオフィスヘアアレンジ」をレクチャーしましたが、いかがでしたでしょうか?

ピンやゴムは新しいものを使うなど、ヘアアレンジキープの秘密は意外なところにも!イベント参加者の中でも、繰り返し使用している方が多かったようで、驚きの声があがっていました。
また、オフィスヘアとして定番のポニーテールも、ひと手間加えるだけで、格段に可愛いまとめ髪に♡

正しいアイテムの使い方と、ちょっとしたテクニックで、思わず振り返るオフィスヘアを楽しみましょう♪

次回の応募はこちら

BeautyU 公式アカウント

このページをみんなに共有しよう!