美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi VOL.17

美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi

Theme

第17回テーマ

無理せず代謝UP!
おすすめ温活ダイエット

第17回を迎えた「美をアップデート!知らない私に出会うBeauty navi」。
今回は、女性の悩みで常に多くの声があがる“冷え”がテーマ。代謝を上げて体を温める、無理をせずに続けられる冷え改善方法と、ずぼらさんでも続けられるダイエットに有効な温活マッサージをレクチャー。寒暖差疲労が出やすいこの時期に必見です!

講師/おぬま あすか
温活美容家
“美容を通して人を笑顔に豊かに幸せに”がモットー。数々のダイエットに挑戦してはリバウンド・体調不良を繰り返した経験から、体温を上げることを意識した温活ダイエットにたどりつく。自身の経験を、『ゆるぽか美活』としてインスタグラムやブログで発信中。多くの女性から支持を集めている。
yurupoka_bikatsu
講師/おぬま あすか

Menu

  • Tips1 温食習慣
  • Tips2 調味料の選び方
  • Tips3 飲み物の選び方
  • Tips4 簡単!顔のむくみとり
  • Tips5 温活プラスα
  • More Tips 温活Q&A

Tips1

食事で体を温める~温食習慣~

講師のおぬまさんは、ダイエットや生活習慣の乱れによる基礎体温の低下に着目し、体温を元に戻すことを目標に温活をスタート。まずは、食生活の改善方法をご紹介します!

Step1:よく噛んで食べる

1口あたり30回噛むことを意識して食べましょう。よく噛まずに食べると、食べ物がきちんと消化されず体の巡りを悪くする原因にも。ただ、1口30回噛むと食事にかなりの時間を取られるので、時間がない時は消化に良いものを食べて、体に負担がかからないように心がけましょう。

Step2:食事は腹八分目まで

食べ過ぎは体の不調の原因に!食後にお腹が重くならない程度に抑えましょう。

Step3:食事は温かいものから

内臓を冷やすと食欲が増加してしまうので、お茶や味噌汁など温かいものからいただきましょう。
カロリーを気にしてサラダなどの生野菜を食べる方も多いですが、体を冷やしてしまうのでダイエットには逆効果!野菜は、蒸したり茹でたりして温かい状態で食べることをオススメします!

Step4:空腹時間を大切に

胃は空腹時こそ活発に動きます。その為、空腹時間をしっかりと持つことが大切。
口さみしいからと間食をしてしまうと空腹時間を持つことができず、胃の活動が少なくなり、消化不良へと繋がってしまいます。

Step5:間食は1日1回まで

間食はNGですが、「どうしても食べたい・・・」と思ってしまうこと、皆さんもありますよね!
そんな時は、ストレスにならないよう間食は1日1回まで、もしくは温かい物を飲むと空腹感を解消しながら体を温め、きちんと内臓を休ませてあげられますよ。

Tips2

食事で体を温める~調味料の選び方~

体を温めたり冷やしてしまったり・・・調味料ひとつでも変わってきます。ここでは特によく使う「味噌」「醤油」「砂糖」「塩」の選び方をご紹介!

Step1:味噌・醤油の選び方

味噌と醤油は加工食品ですが原料はとってもシンプル。そして塩をたっぷり使っているので、本来は添加物無しでも保存がきくものです。その為、選ぶポイントとしては無添加・防腐剤無しがオススメ。長期熟成のものを選ぶとさらに◎

Step2:砂糖の選び方

甘いものが好きな方は多いと思いますし、止められないですよね!そんな方は普段料理に使う砂糖の種類を見直し、天然の砂糖の中でも「てんさい糖」にしてみてはいかがでしょうか。
「てんさい糖」に多く含まれるオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌を活性化する作用もあるのでお腹にも優しいんですよ。
おぬまさんは「てんさい糖」に変えてから、過度に甘いものを求めなくなったそうです♪

Step3:塩の選び方

塩分を控える食事も大事ですが、塩の質を見直すことも重要です。塩も砂糖同様に天然の塩にシフトするのがオススメ!天然の塩には豊富なミネラルが含まれており、体内のミネラルバランスを保ってくれるんです。
おぬまさんも、実際に天然の塩を使うようになってからは、むくみと冷えの改善を実感。

Point:塩は料理に使う以外にも、大さじ2~3杯の塩を湯船に入れて入浴すると体の芯から温まりたくさん汗が出るので、試してみてください!

Tips3

食事で体を温める~飲み物の選び方~

毎日欠かせない飲み物の選択は、温活ダイエットにはとても重要なポイントです。

毎日欠かせない飲み物の選択は、温活ダイエットにはとても重要なポイントです。
喉が渇いた時についついガブ飲みしてしまう冷たい飲み物ですが、飲みすぎはやっぱりNG。
内臓を冷やしすぎると負担が増え、冷えを招くどころか冷え性を悪化させる原因にも。
温活生活をしていくうえでは、常温のお水もしくは白湯をオススメします!

Tips4

簡単!顔のむくみとりマッサージ

温活やダイエットは「その日にできることを、できる分だけ」を、とにかく続けることが大事!
今回はいつでもどこでも空いた時間にできる簡単マッサージをご紹介します。

Step1:顔周り

人差し指と中指を曲げて、二本の指で輪郭を挟むようにしながら、顎先から耳の前に向かってマッサージします。何度か繰り返した後、耳前をグリグリとほぐします。

Step2:耳周り

次に、老廃物を耳前から首まで流すようなイメージで、耳の周りを図のように一方通行でマッサージしていきます。

Step3:鎖骨

最後に、手をグーにして鎖骨部分を外側から内側へマッサージすれば終了です。

Point:マッサージをするときは、オイルを使うと保湿もできて一石二鳥♪

Tips5

温活プラスα

いくら痩せても体に不調が出てしまっては意味がないですよね。ここでは、温活ダイエットにプラスαで取り入れたいアイテムをご紹介します♡

Step1:リラックスタイムを設ける

長期間かけて痩せる温活ダイエットでは、しっかりとリラックスタイムを設けることが重要です。最大のリラックスタイムである入浴時には、その日の気分や目的によって入浴剤を使い分けるのがオススメ♪

Step2:不調が気になる時

食事に気をつけたり、リラックスタイムをきちんと設けても、お肌に不調が出てきてしまうことってありますよね。
そんな時は、必要な栄養を手軽に取れるドリンク剤に助けてもらうのも◎

More Tips

気になる温活の疑問におぬまさんが答えます!

気になる温活の疑問におぬまさんが答えます!

朝食は毎日コンビニのおにぎりですが、温活的にオススメの具はありますか?

忙しい毎日だとコンビニ食に頼ることも多いと思います。そんな時、鮭などの魚系のおにぎりがオススメです。
その他にもパン・スープといった「カタカナメニュー」より、ごはん・みそしるなどの「ひらがなメニュー」を選ぶと温活には◎

すごく体が冷えている時は、カイロを使ってもいいの?

もちろんです!冷えを感じる時にまず温めてほしいのが内臓です。なので、カイロを使う時はぜひお腹と背中両方にカイロを貼ってみてください。
他のアイテムとしては、レンジで温めて使う玄米カイロやシルクの腹巻きもオススメです!

How was it?

「無理せず代謝UP!おすすめ温活ダイエット」はいかがでしたか?

「無理せず代謝UP!おすすめ温活ダイエット」はいかがでしたか?
普段の何気ない食事や使う調味料がいつの間にか冷えを招いている、ということに驚いた方も多いのではないでしょうか?数々のダイエット経験から温活ダイエットにたどり着き、一番大事なのは「無理せず笑顔で続けられること」というおぬまさん。
今から生活習慣を見直して、これからの季節に備えましょう!

次回の応募はこちら

他のテーマを見る

BeautyU Instagram 公式アカウント

このページをみんなに共有しよう!