美容・健康押さえトク!

2022年5月18日

オシャレに紫外線対策

長袖、日傘、日焼け止め。紫外線対策はバッチリ! という方も忘れがちなのが、目の保護。目から入った紫外線も、シミやシワの原因になると言われています。特に気をつけたいのが、アスファルトに反射した紫外線。帽子や日傘では防ぎきれないので、サングラスがおすすめです。最近は、カラーもデザインも豊富。自分に似合うものを見つけて、紫外線対策をオシャレに楽しんで!

2022年5月17日

春の新じゃがとグリーンアスパラ

北海道産が多く、収穫後に休眠状態で貯蔵してから出荷されるのがふつうのじゃがいも。一方、全国各地で収穫されて、そのまま売られているのが「新じゃが」。皮をむかず丸ごと調理がおすすめです。グリーンアスパラは、穂はそのまま、茎は皮をむいて、火を通します。根元に近く硬いところは、さらに刻むと食べやすくなります。小さなミニアスパラは下ごしらえも不要。軽く塩とバターで、ほくほくした春の味をめしあがれ。

2022年5月16日

チークブームが復活

2022年の春はマスク生活で需要が下がっていたチークに復活の兆し。ただし、しっかりと発色するような従来のアイテムとは違い、顔に立体感やツヤ、ほんのりと健康的なニュアンスを与えるような質感が増加。目の下の頬骨に沿って乗せると、マスクをしていてもわかる立体感を演出できます。チークレスメイクに慣れてしまった方も、時代に沿った新しいチークを見つけてみてはいかがでしょうか。

2022年5月13日

春雨はダイエットに向く? 向かない?

春雨というネーミングは、日本の食品メーカーがつけたもの。春の雨を思わせる細長く透き通ったさまが由来です。もともとは中国原産で、緑豆のデンプンが原料。日本の春雨は、さつまいもやじゃがいものデンプンからつくられ、低カロリーではありません。しかし、春雨のGI値は35。55以下は低GI食材ですから、食後に血糖値が急上昇しにくいのです。ほかの野菜やたんぱく質と組み合わせて満足感のある一品にしてみましょう。

2022年5月12日

紫外線増加に向け、美白対策を忘れずに

5月はシミやシワの原因につながる生活紫外線が急激に増加。スキンケアの見直しだけではなく、日々の食事から美白を心がけてみましょう。油分や糖質を摂りすぎると酸化した皮脂からメラニン色素が分泌され、赤みやシミの原因となります。最も手軽な美白対策は直射日光を避けること。外出時には日傘を忘れず、なるべく日かげを選んで歩くなど、ピークである7月に向け、日常の美白対策から早めに始めておきましょう。

このページをみんなに共有しよう!