美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

NEW

水溶性食物繊維を意識してとりましょう

食物繊維といって思い浮かぶのは、玄米・こんにゃく・ブロッコリーなどですが、これらはどれも不溶性食物繊維。腸のぜん動運動を高めて有害物質を素早く体外に排出する働きがありますが、腸内の悪玉菌が住みにくい環境をつくるには「水溶性食物繊維」が必要です。ライ麦パン、生ワカメ、干しイチジク、アボカドなどに豊富に含まれているのでぜひ積極的に摂取しましょう。

うつむきがちな首もとの詰まりをマッサージ

パソコンやスマホを見る時間が増えると、首のめぐりが詰まって顔色がどんよりしがち。気づいた時にこまめにマッサージをして詰まりをとりましょう。やり方はカンタン、げんこつにした人差し指と中指の第二関節で輪郭を流し、両手のひらで耳の下から首の付け根まで交互にさすります。反対側も同様に行いましょう。最後に鎖骨を軽く押してリラックス。定期的にほぐしてあげてくださいね。

乾燥肌の味方「プロペト」が市販薬として登場

白色ワセリンを精製して不純物を取り除き、添加物を加えていないピュアワセリン100%のプロペトが、市販薬として使えるようになりました。乾燥肌の方にはすでに知名度も高いプロペトは、べたつかず伸びがよく、乾燥やほこり、アレルゲンなどから肌を守ってくれる頼れるアイテム。無香料がいい、とにかく乾燥から皮膚を守りたいという方もぜひ一度試してみてくださいね。

おなかがゆるくなりやすい食材って?

最近おなかの調子があまりよくないという方は食生活を見直してみませんか?一般的に、カフェインやスパイスなどの刺激物を摂りすぎると腸の粘膜が刺激されてトラブルの原因につながりやすいといわれています。最近コーヒーを飲みすぎていたとか、にんにく料理が続いていたとか、思い当たるところがあれば改善しましょう。また自分がゆるくなりやすい食材を知っておくことも大切です。

唇の厚さ別・似合うピンクリップ

唇の厚さによって似合うリップも変わります。唇の薄い方は、ぱきっとした青みピンクが◎。とくに唇をふっくら染め上げるようなリキッドタイプなら、ピンクの鮮やかさと相まって女性らしさが演出されます。厚くボリューミーな唇には、大人っぽいくすみピンクがおすすめ。流行りのマットタイプをぼかすように塗って、輪郭をあいまいにするとふっくらと印象的な唇に仕上がります。