美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

NEW

ニキビのできにくい肌をつくるには?

露出の多くなる季節、顔に限らず、デコルテや背中などにもニキビができると気になりますよね。ニキビのできにくいお肌をつくるには生活習慣の見直しが欠かせないため、食生活や睡眠時間、さらにはストレスもコントロールしたいところ。けれどなかなかそこまで徹底できないという時は、サプリでビタミン摂取を補う、枕カバーをお肌に優しい素材のものにするなど、小さなことから始めてみましょう。

頻尿の悩み、一人で抱えないで

トイレの回数が多め、トイレに行けない状況になると急に不安になる、就寝中何度もトイレに目覚めてしまうという悩みを抱える方は年齢を問わず多いもの。水分を取りすぎない、冷えを予防するなど対策はさまざまですが、長時間の外出では吸水ナプキンを使用したり、つらい時は我慢をせず薬剤師さんに相談して症状に合う市販薬を選んでもらうのもおすすめですよ。

ファンデの前の○○で皮脂を封印?

皮脂でメイクが崩れるのが気になる時は、ファンデーションを塗る前にルースパウダーをつかうとよいのだそう。肌に溶け込みながらもしっとりなじむフェイスパウダーを仕込んだあとでファンデーションをのせると、崩れず毛穴落ちもしにくくなるのだとか。また、ファンデーションが厚塗りになるのを防ぐこともできるので仕上がりもキレイ。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

アイメイクに変化が欲しい時は「バーガンディー」

いつものメイクにちょっと飽き気味、だけどあまり冒険はできないという時は、バーガンディーの極細アイライナーがおすすめです。バーガンディーは派手過ぎず肌なじみがよく、目尻にちょんとのせるだけでもいつもと違う瞳に変化します。極細タイプならそこまで派手になりすぎませんし、よく見るとわかる程度なのが控えめで◎。日々のメイクにぜひ取り入れてみてください。

描いた眉が落ちやすいときは

アイブロウにはパウダー、ペンシル、さまざまなタイプがありますが、最も落ちにくいのはリキッドタイプ。筆先が細く、眉一本一本をまるで生えているように自然に描くこともできるので、一本持っておいて損はないはず。眉尻や毛の足りない部分を描き足したら、速乾性のアイブロウコートを塗ってさらに眉をガードしましょう。これで夏のアウトドアも安心です。