美容・健康押さえトク!

2022年4月18日

「春バテ」に注意

食欲の低下、だらだらしてしまう、心配事が多いなどは「春バテ」になりかけているサイン。寒暖差からくる疲労とストレスが「春バテ」の原因といわれます。はっきり症状が出てくる前の未病のうちに、カラダに良い習慣を生活に入れて立て直しましょう。コロナ下で精神的な不調から抜け出せない人も多いいま、無自覚のうちに「春バテ」が悪化しないよう、意識的に身体を温かくして、毎日できるリラックスの習慣をもちましょう。

2022年4月15日

1日の汚れは夜にリセット

疲労が溜まると帰宅してすぐ眠ってしまいたくなりますが、1日の汚れを洗い流す習慣は大切に。日中の紫外線で分泌され酸化した過酸化脂質は毛穴に詰まりやすいため、洗い流さずに眠ってしまうと菌が繁殖し、髪だけではなく頭皮環境の悪影響にもつながります。また、メイクを拭き取りシートで落とすというケアも毎日はNG。シートだけでは毛穴の中の汚れまでは落としきれないため、習慣化しないようにしましょう。

2022年4月14日

乱れた髪をサッと直すアイテム

本格的に暖かくなる4月ですが、低気圧が急速に発達し、強い季節風が吹き荒れることも。風の影響によるダメージや、乾燥によって起こる静電気で髪の毛がうまく整わない! アホ毛が出やすい! という方はマスカラブラシタイプのスタイリング剤がオススメ。ぴょんと跳ねるアホ毛にサッとひと塗りするだけで、乱れた髪が整います。便利なスティック型なので、持ち運びがしやすいのも魅力的。

2022年4月13日

たけのこに塩こんぶ

春が旬のたけのこ。アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質や、皮ふや髪の色素のもとになるチロシンが含まれていることは意外と知られていませんが、知らなくてもおいしく食べたい春の風物詩。茹でたけのこを使えば、工夫するのは味付けだけ。おすすめは塩こんぶ。たけのこと塩こんぶのチャーハンも人気です。ミネラルや鉄分を豊富に含んでいて味の調節もしやすい万能調味料として塩こんぶを使ってみてはいかがでしょうか。

2022年4月12日

目覚めをすっきりしたい朝

春眠暁を覚えずということわざのように、春の朝はなかなか起きにくいもの。しかし、眠りには深さがあって、朝、浅い眠りのときに起きると、すっきりするそうです。たとえば、ごく小さい音量のアラームを別に用意し、ふだんより少し早くセットして起きてみる。ぎりぎりの時間の目覚ましで飛び起きるより、良さそうですね。そして、起床後に朝の光を浴びましょう。眠い春だからこそ、目覚めの質をコントロールしてみませんか。

このページをみんなに共有しよう!