美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

より美肌に効果的なのは○○性たんぱく質

美肌に欠かせない栄養素、たんぱく質。動物性と植物性がありますが、ヘルシーだからという理由で植物性ばかりとっている方は、もったいないことをしているかもしれません。実は肉や魚など動物性たんぱく質の方が栄養価が高く、美肌効果が期待できるのだとか。鶏肉なら皮をはがすなどして脂質の調整も簡単にできます。肉やたまごもバランスよく食べて体の内側から美しくなりましょう。

顔まわりがすっきりする舌出しストレッチ

気づけば顔まわりがたるんでいる、首のシワが気になるという時は、手軽にできる舌出しストレッチがおすすめです。上を向いて首の付け根を両手で押さえたら、舌を上にぐーっと伸ばしましょう。顔まわりの筋肉が刺激されるのを感じるはず。顔まわりのもたつきや首のシワもすっきりするので、外出先やお手洗いの中などちょっとした隙間時間に試してみてください。血行が良くなり気持ちもすっきりしますよ。

洗顔のすすぎの温度、適温は?

すすぎの最適温度は、想定よりもかなりぬるいのだそう。具体的には、体温程度の34~36度のぬるま湯ですすぐのがベスト。それ以上熱くなると、肌に存在する油分や水分が流出しやすくなり、バリア機能が弱まりやすくなってしまうのだとか。入浴のついでに洗顔をしている方は熱めのお湯ですすぐことになりがちなので、すすぎの際は温度を意識してやさしく洗いましょう。

クールに見えるチークの入れ方

たるんだ頬をチークで引きあげてみせたい、でも甘ったるくはみせたくない、そんなときはオレンジチークを頬の高い位置に内側から外側へしゅっと引き上げるように入れてみましょう。オレンジならガーリーになりすぎませんし、直線的に入れることでクールな印象を演出することができます。同様にベージュやローズなどの甘すぎない色のチークでも、入れ方次第でクールにみせることができますよ。

体はどのパーツから洗うといい?

あなたはいつもどのパーツから体を洗っていますか?クレンジングの後に頭を洗ってシャンプーを流したら、体は基本的に「上から下へ」むかって洗うようにしましょう。背中→胸→腕・脇→足・足裏などの順に洗うと、すすぎ残しがなく肌荒れの原因をつくらずにすみます。とくに皮脂が多いデコルテ・脇・足裏、角質が溜まりやすい肘・膝などは念入りに洗ってくださいね。