美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

使いやすいパープルリップの選び方

モードっぽくなりすぎて使いづらいとパープルリップを避けていた方は、ピンク味のつよい、ツヤのあるパープルを選んでみましょう。濃くてマットな質感のものはモードっぽくなりがちですが、その反対の少しパープルの弱いツヤのあるタイプならきっと取り入れやすいはず。塗る際のポイントは、唇の山を丸く描くこと。くっきりさせないことでやさしい印象になりますよ。

手っ取り早く顔色を良くしたいときは

血色感を足したいときは、ピンク系の下地がおすすめです。素早く手軽に顔色がよくみえるようになりますし、自然な仕上がりになるので初心者さんでも使いやすいはず。また、仕上げにピンク系のフェイスパウダーを額・頬・あごにぽんぽんとのせるとさらに健康的な印象になりますよ。根本的にくすみを改善したいときは、睡眠時間の見直しや、軽い運動など、全身のめぐりを整えるケアが必要です。

毛穴のためにしてはいけないこと

気になる毛穴ケア、ついいろいろと手を加えたくなりますがNG行為もあります。たとえばクレンジングオイルでのマッサージは界面活性剤がお肌に負担をかけるのでやめましょう。オイルでケアをしたい場合は、マッサージオイルでやさしく行ってくださいね。スクラブでごしごしこするのもNG。摩擦によってお肌に負担がかかり毛穴詰まりをおこしてしまうこともあるそうです。

唇の色が悪い&乾燥が気になるときは

明るい口紅を塗ってもなんだかぱっとしない、かえってカサつきが目立ってしまうという時は、トリートメントをつかった唇のケアがおすすめ。専用のバームなどをたっぷり唇に塗って、外側から内側にむかってらせんを描くようにくるくるとマッサージをしましょう。唇は皮脂が少なく代謝が早いため、うるおいを与え続けることで改善するそうです。口角にたまる汚れもしっかりふき取りましょう。

夏のネイルカラーはあえて渋い色を

この時期は深いグリーンやれんが色、濃い目のオレンジなど、あえてシックなカラーを指先に取り入れてみませんか?メイクやファッションで軽さを出しやすい分、指先はあえて重めでにすることで全体のバランスが良くなりますよ。またシックなカラーのなかでも、ラメが強めだったり透け感があったりとどこか夏っぽさを取り入れるとワンランク上のおしゃれを楽しめます。