美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

SPF値は高いほど良い?

日焼け止めのSPF値とは、Sun Protection Factorの略。SPF1で、およそ20分間日焼けを遅らせる効果があります。SPF20であれば、約7時間肌を守ってくれるということに。ではSPF値が高いものを使えば安心かというと、そうとばかりはいえません。大切なのは、紫外線が入り込む隙間を作らないこと。汗をかくなどしたら、こまめに塗り直しを!

洗いすぎがダメなのはなぜ?

ニキビが気になったり、汗をたくさんかいたりすると、一日に何度も顔を洗いたくなりませんか?けれども、洗いすぎは肌にとってはNG。「常在菌」という、肌をダメージから守ってくれる大事な菌まで洗い流されてしまうので、かえって肌のバリア機能が低下してしまうんです。一日の洗顔回数は、多くても2~3回に留めるようにしましょう。

すすぎの温度にご用心

洗顔のときは、すすぎに使うお湯の温度にも気を配りましょう。温度が高すぎると、肌のうるおいが奪われて乾燥の原因に。かといって低すぎると、今度は汚れ落ちが悪くなってしまいます。37度程度のぬるま湯で、しっかりすすぐことをおすすめします。すすぎ残しがあると、吹き出物の原因にもなるので、生え際などは特に念入りに。

じゃがいもの皮、捨てる前にひと働き

じゃがいもの皮をむいたら、捨てる前にもうひと働きしてもらいましょう。方法は簡単、キッチンのシンクやお風呂場の鏡を切り口でこすり、水で流すだけ。シンクはピカピカに、お風呂場の鏡は曇り止めになります。あくまで生の芋をむいた皮で、皮の断面が乾く前にこするのがポイントです。でんぷんの作用といわれています。

ポットの内側が、放っておくだけでキレイ!

湯あか汚れがつきやすい電気ポット。ポット専用の洗浄剤も市販されていますが、台所にあるものでも簡単に落とすことができます。ポットのお湯を満タンにして沸かし、酢を50ml程度入れてひと晩保温。翌朝、お湯を捨てて軽くスポンジでこすればきれいに取れているはずです。そのお湯でお茶など入れてしまわないようご注意を!