美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

重曹で消臭サシェをつくろう

足の臭いが気になる時は、おうちにあるもので作れるサシェで対策をしましょう。用意するものは、大さじ1杯分の重曹とペーパータオルと輪ゴムだけ。ペーパータオルの真ん中に重曹を置き、きんちゃく状にまとめて輪ゴムで留めたら完成。靴の中にいれておけば、湿気やいやな臭いを取ってくれますよ。靴の中以外にも、下駄箱や引き出し、たんすの中にいれてもOK。

こなれたおくれ毛で小顔効果

こなれた雰囲気をつくるのに、顔まわりのおくれ毛は効果的です。バランスよくするには、こめかみ、耳の後ろ、えりあしの3つの位置につくるとよいのだとか。セットするときは、コテでおくれ毛にゆるめのカールをつけてからワックスをもみ込み、毛束をほぐしましょう。きっちり毛束を固めてしまうとダサくなってしまうので、ラフに仕上げるのがポイントです。

紫外線でダメージ&毛穴が開いている時は

まずは紫外線による炎症を抑えてバリア機能を改善させることから始めましょう。落ち着いてきたら保湿力があり、かつ消炎成分も含まれている敏感肌用のスキンケアで摩擦を避けた丁寧なお肌のケアを。毛穴が目立っているときはリッチなクリームやオイルをお肌の負担になりやすいので、避けた方がよいそうです。焦らず少しずつケアしていきましょう。

湿気に負けない巻き髪づくり

湿気の多い日に巻き髪を長時間キープするには、アイロン用カールローションなどの専用ミストをつかいましょう。まずは髪を巻く毛先を中心に2~3プッシュミストをかけて、ドライヤーの温風で9割程度乾かします。その後アイロンで丁寧に髪を巻く、という工程を2~3回繰り返すとしっかりカールがキープできるそうです。この時期に髪を巻くのをあきらめていた方はぜひ試してみてください。

ふんわり眉をつくるためのひと工夫

顔の印象を決めるともいわれている眉は、ペンシルでしっかり描くだけだと古くさく見えてしまいがち。そのためペンシルで描いた後は髪色に合ったアイブロウパウダーや眉マスカラで輪郭をなぞってぼかしましょう。このひと工夫でぱきっとしたフレームがぼやけて、ふんわりとした今っぽい眉に仕上がります。強く濃く描いてしまった場合もブラシでぼかせばナチュラルな眉になりますよ。