美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

窓拭きには塩を活用!

ガラス窓は、四隅とサッシの境目にどうしてもホコリや土がたまりがち。そのまま拭いても良いのですが、身近なものを活用することで、もっと簡単に落とすことができます。使うのは雑巾と水、少量の塩。濡らした雑巾に塩を少量つけ、こすってみましょう。塩が研磨剤の役割をしてくれるので、さほど力を入れなくてもきれいになります。

窓拭きは湿度の高い日に

意外に重労働の窓拭きにも、ちょっとしたコツが。それは雨の日の翌日や早朝など、湿気が多い時間を狙うこと。空気中の湿気のおかげで汚れが落ちやすくなります。逆に、カラッと晴れた日などは汚れが落ちにくいだけでなく、光が反射して汚れが見えにくくなることも。時間を変えるだけで、作業がグッとラクになりますよ。

気になりませんか?目もとや口もと

目もとや口もとのたるみや小ジワ、気になるという人も多いのでは。目もと・口もとはもともと皮膚が薄く、特に目もとは0.02mmと、ラップフィルムくらいの薄さしかありません。おまけにまばたきをしたり、話や食事をしたりとよく動く箇所なので、どうしても負担がかかってしまうんです。乾燥を感じたら、すぐに保湿するようにしましょう。

美肌は夜つくられる!

肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンは、午後10時から午前2時の間に最も活発に分泌されるといわれています。そのため美肌をつくるには、この時間には眠りについていることがベスト。「忙しくて、そんなに早く寝るなんてムリ!」という人は、せめてお休みの日だけでも早めに寝るようにして。美肌は夜つくられるのを忘れずに!

紫外線A波とB波の違い

地上に届く紫外線は、A波とB波に分けられます。どちらも肌にダメージを与えるものですが、引き起こされるトラブルは違ってくるんです。A波は真皮にまで侵入し、シワやたるみなどを招くもの。一方、B波は真皮までは届かないものの、シミやソバカスなどの原因に。一年を通じた紫外線対策が、美肌づくりの基本中の基本です!