美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

お腹の不調にはリンゴ

ペプチンという食物繊維には整腸作用があり、下痢にも便秘にも効果があるといわれています。ペプチンが豊富な食材の代表格といえば、身近なところではリンゴが挙げられます。特に皮の部分に多く含まれているので、皮ごとすりおろして食べるのがおすすめです。ただし皮をむかないときは、食べる前によく洗うことをお忘れなく。

ガス代を節約するあれこれ

ガスは「強火で短時間」使うのが最も経済的。ですが小さい鍋の場合、強火にかけると火がはみ出してしまいますよね。なので大きめかつ、熱の伝わりやすい平らな形の鍋を使うのがおすすめです。またなるべく間を置かず、続けてコンロを使うとさらに効果的。火をつける前に、鍋の水気をしっかり拭き取ることもお忘れなく。

二重アゴの原因、もしかして…

体重は変わらないのに、二重アゴが気になる…もしかしたら原因は「たるみ」かもしれません。年齢を重ねるとフェイスラインがぼやけてくることが多いのですが、これは頬からアゴにかけての脂肪を、皮膚が支えられなくなることが原因。常に表情を引き締めておくよう意識することで、ある程度予防できるといわれています。

とれるシワ、とれないシワ(2)

問題なのは「真皮のシワ」。真皮はコラーゲンがバネのようにして支えているものですが、コラーゲンの弾力が失われると、表情ジワを元に戻すことができなくなります。消えないシワを作らないポイントは、なんといっても紫外線対策。紫外線カットは乾燥予防にもつながるので、ちりめんジワ防止にも効果的ですよ。

とれるシワ、とれないシワ(1)

シワは「表情ジワ」「ちりめんジワ」「真皮のシワ」の3種類に分けることができます。「表情ジワ」は笑ったときなどにできるシワのこと。表情が戻れば消えますが、年齢とともに深くなり、消えなくなることも。「ちりめんジワ」はいわゆる「小ジワ」、目元などにできやすいものです。たっぷり保湿することで目立たなくなります。