美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

カラーライナーで囲みメイク

グレー、ブラウンなどの定番色のほか、カーキ、ボルドー、ブルーブラックなどさまざまな色から選べるカラーライナー。目尻や下まぶたのみにつかうのもよいですが、使い慣れてきたら囲みメイクをしてみませんか?塗ったあとすぐに指やブラシでぼかしてシャドウとしてもなじませると、グラデーションや陰影がうまれて囲みメイクがぐっと決まるそうです。

冬もこまめな水分摂取を心がけて

皮膚の乾燥対策として日々のスキンケアは重要ですが、直接水分を摂取することも乾燥対策・体調維持には欠かせません。産まれたばかりの赤ちゃんは75%の水分量を保っていますが、年を重ねていくと50%ほどに減っていくのだとか。水分量の減少は、乾燥にも直結しています。喉の渇きを感じていなくても定期的に水分を摂取する癖をつけましょう。

単色シャドウをかしこく使おう

トレンドの単色カラーのアイシャドウを目元だけに使っていませんか?そうだとしたら、ちょっともったいないかもしれません、明るめのベージュだったら目の下の涙袋やハイライトに取り入れることもできますし、ブラウンだったらいつもの眉メイクの上に重ねると適度な抜け感がうまれますよ。肌なじみの良いパール入りのピンクならチークとしても使えます。

頭皮のケアで髪がキレイになる?

髪をキレイにするならこまめなトリートメント!と思いがちですが、実はシャンプーの方が大切なのだそうです。しっかりシャンプーすることで頭皮の汚れや皮脂をしっかりと落とし、毛根のコンディションを整えることで健康的な髪の毛が生えてきます。指のはらでしっかり洗うことにくわえ、気になる方はアミノ酸などのやさしい洗浄成分のシャンプーも検討してみてください。

デリケートゾーンが蒸れて不快なときは

生理の前後など、デリケートゾーンが蒸れて不快な時は、デリケートゾーン専用のウェットシートを使いましょう。一般的なウェットシートよりも刺激が少ないですし、シャワーを浴びられない外出先でも安心です。使用後そのままトイレに流せるタイプもありますよ。ただし生理時以外でもかゆみが続くようだったら、念のため婦人科を受診しましょう。