美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

摩擦ゼロの洗顔で肌の負担を軽減

突然ですが、洗顔後ぬるま湯で顔を何回すすいでいますか?肌にやさしいすすぎ方は、手にすくい、肌にぬるま湯をやさしく当てるだけ。これを30~50回行うとよいのだとか。洗浄成分が肌に残るとかゆみや乾燥のもとになるので、必ず鏡をみて泡が残っていないか確認しましょう。洗顔料を落としたら、ふわふわのタオルをぽんぽんと当てて水分をふき取りましょう。

コレステロールは適度に摂るのが正解?

体に良くないものというイメージのコレステロールですが、実はうるおい因子のひとつである「細胞間脂質」をつくり、水分の蒸発を防ぐ役割も担っています。そのためそこまでナイーブにならずに、日々の自然な食事の中で摂取した方がよいといわれています。またお肌のうるおいをサポートするこの時期おすすめの食材は、セラミドの原料になるこんにゃく、乾燥対策に有効なみかんなども挙げられます。

単色アイシャドウでメイクを楽しもう

3~4色入りのアイシャドウパレットを愛用している方も多いと思いますが、意外と使えるのが単色アイシャドウ。例えば上まぶたのキワ~アイホール~涙袋まで囲み塗りをするとどんな色のシャドウでも簡単に今っぽくなりますし、まぶたのキワにくっきり塗ることでメリハリのある目元になります。たった1色でも、使い方や組み合わせでさまざまなメイクを楽しむことができますよ。

喉を守る潤いシート付きマスク

冬の必需品ともいえるマスク、症状に関わらず何気なく選んでいたらもったいないことをしているかも。喉の乾燥が気になる時は、潤いシートの入ったマスクがおすすめですよ。呼吸に配慮した厚めのシートが入ったものや、香り付きのもの、なかにはヒアルロン酸入りのシートが入ったものまで種類はさまざま。ほどよい湿り気が乾燥から守ってくれるのでぜひ一度使ってみてください。

アイテム別・失敗しないリップの塗り方

リップスティックを塗る場合は、ダークカラーは唇の中央にちょんとのせてからリップブラシで叩くようにして伸ばすと◎。鮮やかなカラーは、素の唇にベージュ系のリップで下地をつくっておくと発色が良くなります。リキッドルージュの場合は一度塗りだとムラが目立つので、一度目は塗ったらティッシュオフして二度塗りしましょう。重ねることでつるんと整ったツヤのある唇になりますよ。