美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

デリケートゾーンのニオイケア

デリケートゾーンは皮膚が薄いため洗う際に気をつかいますが、専用の洗浄剤で外陰部を優しくなで洗いすれば十分です。常在菌を殺さないために膣の中までは洗わなくてOK。またニオイの元になるムレを防ぐには、できるだけコットンの下着をつけることが大切です。おりものシートを使う際も、トイレに行くたびになるべくこまめに変えるようにしましょう。ムレを防ぐだけでだいぶニオイは抑えられます。

目的別で選ぶフェイスパウダー

○○パウダーと名のつくアイテムが多過ぎて、どんな時にどんな目的で使えばいいか混乱することはありませんか?プレストパウダーはマットな仕上がりに、ルースパウダーは肌なじみがよくふんわりと仕上がります。またフィニッシングパウダーは皮脂吸着効果が高く、皮脂対策としてぴったりです。目的別にそれぞれのアイテムを使い分けてみてくださいね。

肌がくすんでる?と思ったら末端マッサージ

顔や首、手などに「くすみ」を感じたら、どうしていますか?くすみが気になる部分をマッサージするのもよいですが、腕やふくらはぎ、頭皮などの末端をマッサージするとより巡りが良くなって効果的なのだとか。手首からひじ、足首からふくらはぎなど、末端から中心へ向かってほぐしましょう。全身の巡りが良くなり、お肌のくすみをはじめ、冷え性などにも効果が期待できるそうです。

マスクをしていても消えにくいチーク

マスクでこすれていつの間にかチークが取れてしまっている、ということはありませんか?パウダー、スティック、クリームとさまざまなタイプのチークがありますが、なかでも比較的落ちにくいのはクリームタイプなのだそうです。塗る際は、頬の高い位置を中心に、マスクからはみ出るように若干広めにぼかして入れることで血色感もよく見えて、色移りもしにくくなります。

乾燥が気になったら保湿UVに切り替えを

最近乾燥が気になる、いつもの日焼け止めだとパサつく、そんなときは保湿効果の高い日焼け止めにチェンジしましょう。ひと夏で1種類の日焼け止めを使うよりも、お肌の症状に合わせて日焼け止めを変えて数種類を使い分けていく方がお肌にやさしく、未然にトラブルも防げます。塗る際は、顔の中心から外側へ、肌をこすらないようになじませましょう。