美容・健康押さえトク!

このページをみんなに共有しよう!

美容・健康押さえトク!

クレンジングしながらのマッサージはNG

一日の終わりにクレンジングをしながらマッサージをしているという方は要注意。クレンジングは油分と界面活性剤でメイクを落とすので、メイクを落とすと同時に潤いの元の保湿因子も溶かしだす力もあるのだそう。保湿因子が流出してしまうと乾燥肌の原因になるので、クレンジングをしながらのマッサージはやめましょう。丁寧に1分行えばメイクは十分落ちるそうです。

表情筋を鍛えて「美」を格上げしましょう

ひとり仕事が多い、常にスマホやタブレットを見ている、スキンケアがマンネリになりがちという方は要注意。知らず知らずのうちに表情筋が衰え、表情が魅力的でなくなっている可能性があります。ほうっておくとどんどん表情筋が動かなくなってしまうので、体を鍛えるように顔の筋肉も意識して動かすといいのだとか。まずは日々のスキンケアにマッサージを取り入れるなど、できることから始めてみましょう。

PMS(月経前症候群)とのつきあい方

女性の約6割が経験しているというPMS(月経前症候群)。月経の一週間前から始まる乳房のハリや痛み、体のむくみ、気分の落ち込みなどで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。「PMSは女性ホルモンが正常に働いているからこそ起こる、きちんと排卵している証拠」という意見もありますが、つらい時は我慢せずに婦人科に行きましょう。低用量ピルや漢方が効くこともあるそうです。

オフィスで浮かないブラウンリップの塗り方

今季トレンドのブラウンリップ。オフィスでも使えそうと思いつつも使い方を間違えるとケバくなってしまいそうで心配な方は、指で塗るところから始めてみましょう。リップを直接指に取り、唇の中心から口角に向かい、アウトラインをぼかすイメージで指を押しつけるように塗っていくと発色が抑えられて落ち着いた印象になります。逆に指でしっかりなぞればほど良い発色加減になります。

「おとなしそう」なイメージをメイクで払拭

なぜかいつも第一印象で「おとなしそう」「まじめそう」と言われる方は、メイクでイメージチェンジしてみませんか。化粧下地はマットよりもツヤ重視のものに変えることで生き生きした印象に変わりますし、普段チークを使っていないなら頬の高い位置に入れると血色感が出て◎。とくに乾燥が気になる場合は、年齢より老けて見えてしまうことも多いのでスキンケアの段階で保湿ケアをしっかり行いましょう。