このページは機械翻訳を使用して翻訳されています。 内容が100%正確でない場合がありますのでご注意ください。
翻訳後のページでは、一部機能がご利用いただけません(商品購入等)。商品購入等が可能なページは、自動的に翻訳前のページにつながります。

在庫切れのため、お買物カゴに投入できません。

お店で商品を受取る2つのサービス(送料無料)について 

ご利用について

  • SALE

カネボウ化粧品 ケイト アイフレームデザイナー 【アウトレット】 BR-1

  • (レビュー数  0件)

お気に入り登録人数:12人

販売価格 999 円  (税抜925円)

9ポイント

東京都千代田区 へのお届け 在庫 ×

おひとり様 10点まで

メーカー :カネボウ化粧品

ブランド :ケイト

JANコード :4973167208359

※パッケージデザイン等は予告なしに変更されることがあります。
※上記の価格はオンラインストアでの販売価格となります、お店の価格と異なる場合があります。

商品の特徴

極細筆とジェルペンシルが1本になりました。
アイフレームを自在に操るWタイプアイライナーです。

【使用上の注意】
・ペンシルライナーの芯は、2mm以上出してお使いにならないでください。出しすぎると折れることがあります。
・容器にステンレス球が入っており、カチカチと音がしますが、振らずにご使用ください。
・強く振ったり、落下などの衝撃により液漏れを起こし、キャップ内や衣服を汚す恐れがありますのでご注意ください。
・飛行機内でのご使用は、液漏れの原因となりますのでご使用にならないでください。
・筆先が傷まないように丁寧にキャップを開閉ください。
・リキッドライナーが、使いはじめや色が薄く出る場合は、しばらく筆先を横向きにし、色の出具合を確認してからご使用ください。
・筆が乾いたり、筆に乳液や他の化粧料が付着し、液が出にくい場合には、筆先をティッシュペーパーでふき取ってください。
・ご使用後はカチッと音がするまで、両方のキャップをきちんと閉めてください。
キャップをはずしたまま放置すると、ペンシルの芯が硬くなったり、筆が乾いて描けなくなります。
・落とす際には、目元用のメイク落としのご使用をおすすめします。
・傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使用しないでください。
・肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
肌に合わない時や、使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、
色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、また日光があたって同じような異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談してください。
使い続けると症状が悪化することがあります。
・目に入らないように注意し、入った時は、すぐに充分洗い流してください。異常が残る場合は、眼科医に相談してください。
・子供や認知症の方などの誤飲・誤食等を防ぐため、置き場所にご注意ください。
・高温となる所、直射日光のあたる場所には置かないでください。

成分・分量
【成分】
【リキッド】
水、BG、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーアンモニウム、アクリレーツコポリマーアンモニウム、ベヘネス-30、(チタン/酸化チタン)焼結物、ベントナイト、EDTA-2Na、AMP、キサンタンガム、シメチコン、パルミチン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、水添パーム油脂肪酸グリセリズ、トリオレイン酸ソルビタン、パルミチン酸スクロース、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、(+/-)カーボンブラック、酸化鉄、赤226

【ペンシル】
シクロペンタシロキサン、トリメチルシロキシケイ酸、フェニルトリメチコン、アルキル(C30-45)ジメチコン、ポリエチレン、カルナウバロウ、キャンデリラロウ、
リンゴ酸ジイソステアリル、ホホバエステル、ジステアルジモニウムヘクトライト、セスキイソステアリン酸ソルビタン、炭酸プロピレン、
ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、コメヌカロウ、パラフィン、ジメチコン、レシチン、シメチコン、(+/-)カーボンブラック、コンジョウ、
マイカ、酸化鉄、(ジメチコン/メチコン)コポリマー
用法及び用量
【使用方法】
・リキッドライナーの反対側に、ペンシルライナーをカチッと音がするまでしっかりと差し込んで、セットしてご使用ください。
・一度セットすると、取り外すことはできません。取り外そうとして引っ張ると、破損の原因となりますので絶対に引っ張らないでください。
【目元ぐっと深まる「抜け感囲みライン」の描き方
(1)リキッド側で、上まぶたの目のキワを描きます。
(2)ペンシル側で、下まぶたの目尻から2/3程度描き、指で軽くぼかすと、自然な抜け感のある大きな目元に仕上がります。
・ラインを重ねて描く場合は、リキッド→ペンシルの順でのご使用をおすすめします。
・描く際には、粘膜部分へのご使用はおやめください。